気圧と歯の痛みの関係と対策

気圧の変化で歯が痛くなるのはどうしてか

雨が降るとなんだか歯が痛いのはなぜなのか

天気が悪い時や、飛行機に乗った時に歯が痛むことがあります。これには気圧が大きく関係していることが最近、科学的に解明されてきています。決して気のせいではないのです。 何となく痛みを感じていた方も、理由が明確になると対処の仕方が分かり痛みが解消できることと思います。

誰でも気圧で歯が痛くなるのでしょうか

季節の変わり目や、天候の変化によって体調がすぐれなかったり歯が痛くなることがありますが、誰でもというわけではありません。 特に歯が痛くなる方は、虫歯や歯周病を患っている方に多いです。また、以前に治療をした方も痛くなることがあります。ほかに、精神的な要因の場合もあります。

原因を理解して対処しよう

大きな原因の一つとして、気圧の変化が大きく関係しているメカニズムが分かってきました。 主に歯の構造が大きく関わっているので、それに対する対処が有効といえるでしょう。ほかの要因もあらかじめ取り除いていくことで、痛みを軽減できると思います。 具体的にみていきましょう。

歯のつくりと気圧の関係

昔から「雨が降ると歯が痛い」「天気が悪いと古傷が痛む」など言われてきました。
これは、古い文献にもたびたび記されていたようで、迷信などではなく実際にそう感じていた人たちがいたということです。
現在では科学的に気圧が大きく関係していることが解明されてきました。
天候に関係する気圧に関しては、特に四季のある日本では季節ごとに気圧の変化があるため、天気に左右されることも多く、不調を感じる人も多いのです。
近年、ゲリラ豪雨や台風の数や規模なども大きくなってきている中で以前に比べて痛みを感じることがさらに多くなっているようです。
特に歯の痛みは不快を感じるだけではなく、集中力も削がれますし、痛みが強くなれば何も手につかない状態になります。
この時の原因として考えられるのは虫歯や歯周病があると考えられます。ほかにも、気圧の変化によって生じる過去の痛かった経験やストレスなどによって痛みを感じることもあります。
これらの原因を詳しく知り、対処法を考え対応していくことで痛みを軽減することができるでしょう。
気圧の変化は、天候ばかりではありません。ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークなど最近は連休が増えてきて、旅行する機会が増えたり、LCCなどの格安航空券などにより飛行機に乗る機会も増えてきました。
飛行機や登山、スキューバダイビング、身近なところでは、高いビルや展望台などのエレベーターでも気圧が変わるので、上手に対処していきましょう。