原因を理解して対処しよう

歯の痛みの改善はどうしたらいいのでしょう

天候などによる外的要因による気圧の変化はコントロールすることはできません。その為普段からしっかりと対策をしておく必要があります。
虫歯のある方は治療はもちろんですが、虫歯の無い方も定期的に歯科医に通い口腔ケアをすることが大切です。
治療の終わっている歯も、定期的にケアすることで、再発しても早期に発見できるだけでなく、歯周病なども予防することが出来るからです。口腔ケアをして、専門家に歯の掃除をしてもらうと自分では気が付かなかったトラブルを発見することもあります。普段からのケアを習慣化しましょう。
痛み止めを飲むことも対策のひとつではありますが、天気が変わるたびに飲むわけにはいかないでしょうから、根本的な治療が最も有効といえるでしょう。

他の要因の痛みの軽減

例えば、過去に気圧がさがった状況で激しい痛みを経験したことがあると、同じような場面になった時にまた痛むのではと不安になり痛みを感じることがあります。
また、耳の器官の敏感な方や心理的に不安定な状態の場合も過剰に反応し痛みを感じやすくなります。
このようなときは、原因を見直し、それに合った対策をとることで軽減されます。
また、対策が出来ていない状態でどうしても気圧が変化する状況になる事もあると思います。その際は痛み止めを飲むのが良いでしょう。そのような状況が予測されるときは事前に歯科医に相談し痛み止めを処方してもらいましょう。
例えば飛行機などに乗る際は搭乗してから痛み止めを飲んでも効き目が出るまでに時間がかかりますので、搭乗前30分程度に服用するようにしましょう。搭乗してから急に痛くなった場合などは、飛行機内でも説明をすれば提供してもらえることもあります。
事前の対策が痛みを和らげてくれるのです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ